サラリーマンのための得する税金学

小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除は、小規模企業共済、個人型年金加入者掛金、心身障害者扶養共済制度の掛金を支払った場合に受けられる所得控除です。

ポイント

小規模企業共済:個人事業主が事業廃止や退職に備えて積み立てる制度です。
個人型確定拠出年金(個人型401K)個人で投資先を決めて運用していく年金です。

サラリーマンに使えるのが、個人型確定拠出年金で、年金の運用しながら節税することが可能になります。

小規模企業共済控除はサラリーマンも使える

小規模企業共済控除は、個人型確定拠出年金(個人型401K)の掛け金も対象なのでサラリーマンでも利用可能です。
個人型確定拠出年金は、自分で投資先を決定して積み立てていく年金です。
月額68,000円までが全額控除になります。

個人型年金加入資格及び掛金額:早見表

個人型確定拠出年金のメリット

小規模企業共済控除で、今の税金を節税しながら将来の年金を積み立てることができます。
また自分で運用先を決めることができるので、社会情勢や経済情勢に応じて臨機応変に対応することができます。
運用方法には、定期預金もあります。

個人型確定拠出年金のデメリット

年金なので、60歳までは引き出すことができません。
運用によっては、元本割れすることもあります。

個人型確定拠出年金の申込方法

銀行や証券会社に申込みをします。

小規模事業共済

個人型確定拠出年金

心身障害者扶養共済制度

PAGE TOP