サラリーマンのための得する税金学

障害者控除

障害者控除は、納税者自身、配偶者扶養親族の中に障害者に該当する人がいる場合に適用されます。

障害者控除の対象となる範囲

  • 児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医の判定により、知的障害者と判定された人 (このうち重度の知的障害者と判定された人は、特別障害者)

  • 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人 (障害等級が1級と記載されている人は、特別障害者)

  • 身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人
    (障害の程度が1級又は2級と記載されている人は、特別障害者)

  • 戦傷病者手帳の交付を受けている人

ポイント

障害者控除は、扶養控除の適用がない
16歳未満の扶養親族の場合でも適用されます。

障害者控除の控除額

障害者控除は、障害者一人について27万円です。
特別障害者に該当する場合は40万円です。
控除対象の配偶者か扶養親族が特別障害者に該当し、納税者と生計を一にし同居している場合は75万円です。

障害者控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP