サラリーマンのための得する税金学

社会保険料控除

社会保険料控除は、支払った金額のすべてを、所得金額から差し引けます。
妻や子供の分も負担していれば、控除の対象になります。

社会保険料控除の対象になる保険料

  • 健康保険、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療制度の保険料
  • 雇用保険の保険料
  • 国民年金、国民年金基金、厚生年金、厚生年金基金の保険料
  • 共済組合(公務員など)の掛け金

給与から健康保険料や年金を天引きされている場合、
社会保険料控除に関して、年末調整の必要はありません。

ただし、転職して以前に国民健康保険料を納付していた場合、妻や子の国民健康保険料を納付している場合、過去の国民健康保険料の未納金の保険料を納付した場合は年末調整で申告する必要があります。

社会保険料控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP