サラリーマンのための得する税金学

生命保険料控除

生命保険料控除は、生命保険料と個人年金保険料、介護医療保険料を支払うと対象になる控除です。
平成24年以降と以前で控除額が異なります。
介護医療保険料は、平成24年以降の契約が対象になります。

新契約(平成24年以降)と旧契約(平成23年以前)で異なる控除額

新契約(平成24年以降)生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料が対象

年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 保険料の全額
20,000円超 40,000円以下 保険料÷2 + 10,000円
40,000円超 80,000円以下 保険料÷4 + 20,000円
80,000円超 40,000円 (上限)

旧契約(平成23年以前)生命保険料、個人年金保険料が対象

年間の支払保険料等 控除額
25000円以下 保険料の全額
25000円超 50,000円以下 保険料÷2 + 12,500円
50,000円超 100,000円以下 保険料÷4 + 25,000円
100,000円超 50,000円 (上限)
ポイント

家族の保険料でも、「受取人が本人か家族」であれば生命保険料の控除の対象になります。
契約者は、本人でなくても控除の対象になります。

これから保険に入るなら、年間8万円を目安に加入

生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料はそれぞれ年間8万円支払った時が最大の4万円控除されます。
8万円以上はいくら払っても控除額は4万円のままなので、8万円を目安に保険に加入するとお得です。

生命保険料控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP