サラリーマンのための得する税金学

給与所得控除

給与所得控除は、サラリーマンの必要経費

サラリーマンは、事業主のように経費を計上できません。
サラリーマンの必要経費の代わりに、給与所得控除が認められています。

給与所得控除は、サラリーマンの必要経費として収入額に応じて控除できます。
たとえば、400万の収入の場合、400万*20%+54万円=134万円が給与所得控除になります。

給与等の収入金額 給与所得控除額
180万円以下 収入金額×40%
65万円未満は65万円
180万円超~360万円以下 収入金額×30%+18万円
360万円超~660万円以下 収入金額×20%+54万円
660万円超~1,000万円以下 収入金額×10%+120万円
1,000万円超~1500万円以下 収入金額×5%+170万円
1,500万円超 245万円(上限)

給与所得控除の上限変更

平成26年度の税改正に伴って、下の表のように変更されます。
高額所得者にとっては、増税になります。

  現行(平成27年) 平成28年 平成29年
上限額が適用される給与収入 1,500万円 1,200万円 1,000万円
給与所得控除の上限額 245万円 230万円 220万円

特定支出控除

特定の支出をした場合、特定支出控除を受けることができます。
特定支出控除は、年末調整でなく確定申告をする必要があります。

1. 転勤の引越し費用
2. 職務上必要な研修費・資格取得費
3. 通勤費(会社から支給される分は除く)
4. 単身赴任などの帰省費

特定支出控除:確定申告

給与所得控除:国税庁ホームページ

給与所得控除の見直し:財務庁ホームページ

PAGE TOP