サラリーマンのための得する税金学

勤労学生控除

納税者または、納税者と生計を一にする家族は、1人につき38万円の控除を受けられます。

働く学生への優遇措置

勤労学生控除の控除額は、一律27万円です。
大学、短大、専門学校などに通いながら働く学生なら控除を受けることができます。
勤労による所得が65万円以下であることが条件です(合わせて配当や不動産所得が10万円以下)。

給与所得控除の65万円を差し引いて、給与の収入金額が130万円以下であれば適用になります

実は微妙な勤労学生控除の落とし穴

学生への優遇措置である勤労学生控除ですが、学生自身の所得税はかからなくなりますが、
親の収入に受ける扶養控除の条件が、扶養している家族(103万円以下)なので親が扶養控除を受けることができなくなっていまいます。
さらに130万円を超えてしまうと、社会保険の扶養からも外れてしまい自分で国民健康保険に加入することになり、大幅に負担が増えていまいます。

ポイント

勤労学生控除を利用すると得なのは、住民税がかかる93万円~103万円(住民税がかかる所得額は、地域によって異なります)の学生。
親の扶養に入っている場合、103万円を超えないで働くのが現状は得する働き方です。

勤労学生控除(年末調整の場合)の書き方

年末調整の「扶養控除等(異動)申告書」「主たる給与から控除を受ける障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」の欄にある赤いマークの部分。 「5 勤労学生」の該当する部分にマル印を付けます。

勤労学生控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP