サラリーマンのための得する税金学

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

住宅借入金等特別控除は、住宅ローンを組んだ場合に所得税が住宅ローンの年末残高の1%を上限に還付される制度です。
控除は、購入した翌年から10年間受けられます。
住宅ローン控除が年末調整で申請できるのは、2年目からで初年度は確定申告する必要があります。

住宅ローン控除は、いくら戻る?

年末のローン残高の1% (平成26年4月入居から対象住宅ローンの上限は4,000万円)
ただし、所得税額を限度額として還付されます。

住宅借入金等控除の適用する条件

住宅借入金等特別控除の適用には、下の条件をすべて満たす必要があります。

  1. ローンの返済期間が10年以上
  2. 自分が住む住宅の購入・新築・増改築
  3. 住宅の床面積が50㎡以上(登記簿の面積)
  4. 取得後半年以内に住み始めて、適用の年末まで住み続けている
  5. 適用年の所得が3,000万円以下
  6. 入居した年前後2年間に3000万円特別控除、買い換え特例を受けていない
ポイント

中古住宅と増改築の場合は、1~6の条件と下の条件の両方を満たす必要があります。

●中古住宅の場合
新築後20年(マンションなどの耐火建築は25年)以内、または一定の耐火基準に適合すること

●増改築の場合
工事費が100万円以上であること

住宅ローン控除はいつまで?

平成29年12月31日まで適用期間は、予定されています。
平成27年度も延長が予定されていて、改正が予定どおり実施されたら平成31年6月30日までに入居した人が対象となります。

住宅借入金等特別控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP