サラリーマンのための得する税金学

配偶者控除・配偶者特別控除

納税者または、納税者と生計を一にする家族は、1人につき38万円の控除を受けられます。

配偶者控除という103万円の壁

配偶者控除は配偶者の所得によって変わります。
配偶者の所得が38万円以下の場合、配偶者控除は38万円です。
配偶者の所得が38万円を超えると配偶者控除は、配偶者特別控除になり控除額は少なくなります。

配偶者の所得 配偶者控除の控除額
38万円以下 38万円
ポイント

配偶者の所得が給与である場合、給与所得控除65万円があるので、
配偶者控除の上限38万円+給与所得控除65万円」の103万円以下が配偶者控除を受ける上限額になります。

ママのパートさんが103万円までに抑えて働いているのはこういった主婦の知恵(税の知恵?)です。

配偶者特別控除 103万円を超えても大丈夫!

配偶者控除は、所得が38万円まで(年収103万円まで)ですが、 38万円を超えても「配偶者特別控除」があり、下の表の控除額になります。

配偶者の所得 配偶者特別控除の控除額
38万円を超え40万円未満 38万円
40万円以上45万円未満 36万円
45万円以上50万円未満 31万円
50万円以上55万円未満 26万円
55万円以上60万円未満 21万円
60万円以上65万円未満 16万円
65万円以上70万円未満 11万円
70万円以上75万円未満 6万円
75万円以上76万円未満 3万円
76万円以上 0円

103万円より高い130万円の壁

103万円を超えて働いても最大150万円未満までは配偶者特別控除がありますが、落とし穴があります。
130万円を超えてしまうと健康保険や厚生年金等の社会保険の扶養から外れてしまいます。

扶養から外れてしまうと健康保険や国民年金に自分で加入する必要があり逆に負担が増えてしまう結果になっていまいます。
130万円を超えないように働く方が現在の法律では賢明かもしれないですね。

配偶者控除:国税庁ホームページ

配偶者特別控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP