サラリーマンのための得する税金学

個人年金で無理なく得する

個人年金は、国が運営する国民年金とは違い、民間が運営する「確定年金」「有期年金」「終身年金」の3種類から選べる保険です。ゆとりある老後生活には、1世帯あたり35万円前後必要と言われており国民年金だけでは遠く及びません。 そこで、国民年金に合わせて個人年金を積み立てつつ、個人年金控除を使って今の税金を減らして得しましょう!

3つの個人年金を知ろう!

確定年金
被保険者の生死にかかわりなく、支払期間があらかじめ確定している年金年金受取期間中に被保険者が死亡した場合は、残りの期間分が年金または一時金として遺族に支払われるタイプ
有期年金
契約時に定めた期間、被保険者が生存している場合にのみ年金が支払われるタイプ
終身年金
期間を定めず生涯にわたって年金を受け取れるタイプ

個人年金保険料控除を使って得する

個人年金は、個人年金保険料控除を適用することができます。
8万円個人年金として支払うと、最大の4万円が控除として受けられます。

結局いくら税金が減るの?

同じ4万円の控除でも、年収によって減る税金の額は変わってきます。
8万円以上の個人年金を支払うことによって、減額される所得税と住民税の目安は、下の票の通りです。

課税所得金額 所得税の年間軽減額 住民税の年間軽減額 年間軽減額合計
195万円以下 2,000円 2,800円 4,800円
196万円~330万円 4,000円 2,800円 6,800円
331万円~695万円 8,000円 2,800円 10,800円
696万円~900万円 9,200円 2,800円 12,000円
901万円~1,800万円 13,200円 2,800円 16,000円
1,801万円以上 16,000円 2,800円 18,800円
PAGE TOP