サラリーマンのための得する税金学

付加年金でさらに得する

国民年金に400円プラスして納付することで、200円×払った年月を付加年金としてもらうことができます。
加入対象者は、国民年金第1号被保険者、任意加入被保険者(※)です。

付加年金は、2年で元がとれる!

付加年金は、月額400円を上乗せして支払うことで、200円×付加保険料納付月数をもらうことができます。
たとえば、20歳から60歳までの40年間「付加年金」に加入していれば、
480月(40年)× 200円=96,000円を付加年金としてもらうことができます。

支払った額が、480月(40年)× 400円 = 192,000円 年金支給開始日から20年生きたとしたら、
20年× 96,000円 = 1,920,000円で、支払額の倍になり172,800円もお得です。

付加保険料の条件

国民年金基金に加入している方は、付加保険料を支払うことができません。
付加保険料は、加入・脱退も自由です。

付加保険料の申込方法

市区役所・町村役場の窓口または、年金事務所に備え付けの用紙に必要事項を記入して申込みます。

ポイント

※任意加入被保険者って?
第2号被保険者、第3号被保険者以外で、次の3つの要件のいずれかを満たす人
・ 20~59歳で、厚生年金や共済年金など老齢年金を受給できる人
・ 日本国内に住む60~64歳の人
・ 日本国籍を有し、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳以上の人

PAGE TOP