サラリーマンのための得する税金学

年金を減らして得する

国民年金は、現金納付や口座振替、クレジットカード、コンビニ払いなどいろいろな払い方があります、
支払い方によっては保険料に割引が適用されてお得に支払うことができます。

年金にもお得な前払いプランがあるんです

保険料の支払いを「口座振替」にして前納(半年、1年、2年)か当月末の振替(早割)にすると納付額の割引が受けられます。
年金の支払額を減らして、少しでも得しましょう。

年金の前納と早割は、いくら割引してくれるの?

平成27年度の場合下の表の割引額となります。
2年前納が4.2%割引で一番お得に年金を支払うことができます。

振替方法 1回あたりの
納付額
割引額 2年分に換算
した割引額
振替日
前納 2年 366,840円 15,360円 - 4月30日
前納 1年 183,160円 3,920円 7,840円 4月30日
前納 6カ月 92,480円 1,060円 4,240円 4月30日、 11月2日
早割 (当月末振替) 15,540円 50円 1,200円 毎月月末
翌月末の振替 15,590円 なし なし 翌月末

お得な口座振替にする方法

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書に記入して、年金事務所または金融機関の窓口に申込みをします。

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書

2年前納の社会保険料控除はどうなる?

2年前納した場合は、納めた年に全額控除、1年ごとの保険料に相当する額を各年において控除するかを選ぶことができます。
1年ごとの控除の場合は、社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書を作成して会社に提出する必要があります。

社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書[PDFファイル]:日本年金機構ホームページ

2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について:国税庁ホームページ

PAGE TOP