サラリーマンのための得する税金学

個人型401Kで投資して得する

少子化が進んでいく時代に国民年金だけでは、生活していくのは将来厳しいとお考えの方も多いと思います。
自分で積み立ての年金を運用指示していくという年金が「個人型確定抑出年金(個人型401K)」です。

個人型確定抑出年金(個人型401K)のメリット

支払う掛金は小規模企業共済等掛金控除として全額所得控除
国民年金の1号被保険者は月額68,000円まで(国民年金基金、付加保険料と合算して)
国民年金の2号被保険者は月額23,000円まで
運用益が非課税
運用で得た利益、利息は非課税。
これは株式投資やFXなどでの20%の税金に比べるとはるかに有利。
実際は特別法人税(年率1.173%)がかかりますが平成29年3月まで凍結中で、継続される見込みです。
年金として受け取ることが可能。
60歳から老齢年金として受け取ることが可能な上、障害給付金、死亡一時金としての機能もあります。

401Kの資料請求

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

SBIだから出来る口座管理手数料です。
掛け金は月々5000円からで、全額所得控除になるSBI証券の確定拠出年金積立プラン。
まずは、資料請求をしてみてくださいね。

PAGE TOP