サラリーマンのための得する税金学

住宅ローン減税で得する

住宅ローン減税は、住宅借入金等控除といい初年度は確定申告で、2年目以降は年末調整で申告します。
所得税額を限度額として、年末のローン残高の1% (平成26年4月入居から対象住宅ローンの上限は4,000万円)が還付されます。

住宅借入金等控除の適用する条件

住宅借入金等特別控除の適用には、下の条件をすべて満たす必要があります。

  1. ローンの返済期間が10年以上
  2. 自分が住む住宅の購入・新築・増改築
  3. 住宅の床面積が50㎡以上(登記簿の面積)
  4. 取得後半年以内に住み始めて、適用の年末まで住み続けている
  5. 適用年の所得が3,000万円以下
  6. 入居した年前後2年間に3000万円特別控除、買い換え特例を受けていない

リフォームや増改築でもローン控除は受けられる

リフォームや増改築でも内容次第で税金が軽くなります。
たとえば、バリアフリー改修工事や省エネ改修工事、耐震改修工事(自己資金)などは、控除の対象になります。

住宅借入金等特別控除 : 年末調整

すまい給付金

PAGE TOP