サラリーマンのための得する税金学

雑損控除

地震、台風、洪水、火災などの災害や盗難による被害を被った場合、雑損控除が適用されます。

雑損控除の控除額は、いくら?

1または、2のいずれか多い方が雑損控除となります。

  1. 損失額(損害額 + 現状回復費、解体費)- 保険金などの補てん額 - その年の所得の10%
  2. 現状回復費、解体費 - 5万円

雑損控除の対象は?

  • 台風などによる風水害
  • 地震、水害、雪害、落雷による被害
  • 火災や火薬による爆発など人為による被害
  • 害虫や害獣による被害
  • 盗難や横領

災害減免法

所得が1,000万円以下であれば、災害減免法も利用できます。
災害で住宅や家財の時価の半分以上の損失があった場合、 所得500万円以下で所得税が全額免除
所得500万円超750万円以下で1/2免除 所得750万円超1,000万円以下なら1/4免除されます。

雑損控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP