サラリーマンのための得する税金学

医療費控除

医療費控除の控除額はいくら?

保険などで補てんされた金額を除いて、10万円を超えた部分で200万円までが医療費控除の対象です。
その年の所得が200万円未満の場合、その年の所得の5%です。

扶養する家族の分も控除できる!

本人だけでなく扶養する家族も医療費控除の対象となります。
医療費控除は、確定申告で申請します。 5年前まで適用を受けることができます。

医療費控除の対象額からは、社会保険の給付金(療養費、出産育児一時金、高額医療費)や保険会社の給付金(生涯費用保険金、医療保険金)などを差し引く必要があります。

例) 出産費用47万円 - 出産育児一時金42万円 = 医療費対象額 5万円
上記の場合10万円を超えないので、医療費控除の対象となりません。

医療費控除の対象

  • 診療費、治療費
  • 治療のための医薬品代
  • 入院、通院のための交通費(電車、バス、必要性のある場合タクシーも可)
  • レーシック費用、禁煙治療、メタボ治療
  • 入院費、入院時のベッド代

医療費控除の仕方

医療費控除を受ける際は、領収書を添付して確定申告書、源泉徴収票と合わせて税務署へ提出します。

医療費控除:国税庁ホームページ

PAGE TOP