サラリーマンのための得する税金学

源泉徴収票

確定申告の必須アイテム「源泉徴収票」

サラリーマンの確定申告には、源泉徴収票は必須。ほとんどの項目は、源泉徴収票から転載できます。
また確定申告には源泉徴収票が添付必須となっています。

源泉徴収票は、給与や退職手当、公的年金等の支払者が、支払額や源泉徴収した所得税額や証明する書面で年末調整で受けた控除も記載してあります。
源泉徴収票は支払者が、翌年1月31日までに交付(退職者には、退職後1カ月)する決まりになっています。

また、源泉徴収票は、クレジットカードやローンを組む時の年収の証明としても利用することがあります。

源泉徴収票

源泉徴収票は、3種類!

  • 給与所得の源泉徴収票・・給与等の支払額や所得税の源泉徴収税額、年末調整での控除が記載
  • 退職所得の源泉徴収票・・退職手当等の支払額や所得税の源泉徴収税額が記載
  • 公的年金等の源泉徴収票・・公的年金等の支払金額や所得税の源泉徴収税額が記載

【注意】 確定申告には、年末調整で書いた控除も必ず再記入!

年末調整は、会社内で行う所得税の清算で、確定申告は、国への清算手続きです。
確定申告書に記載していない所得控除は、控除されないので注意が必要です。
源泉徴収票があれば、年末調整のときに出した保険料の支払い証明書などは必要ありません。

PAGE TOP