サラリーマンのための得する税金学

生命保険料控除で得する

生命保険料と個人年金保険料、介護医療保険料を支払うと年末調整や確定申告で「生命保険料控除」として税が控除されます。
生命保険料控除を最大限に活用して支払うことによりお得に保険に入ることができます。

保険料が最大限控除される額はいくら?

保険料控除額は、支払保険料額によって変わってきます。
新契約の場合(平成24年以降)生命保険料と個人年金保険料、介護医療保険料それぞれに最大限の控除は4万円です。
4万円控除されるのは、支払額が8万円を超えたときなので、各年間8万円払うのが一番お得となります。
平成23年以前の旧契約はこちら

平成24年以降の新契約

年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 保険料の全額
20,000円超 40,000円以下 保険料÷2 + 10,000円
40,000円超 80,000円以下 保険料÷4 + 20,000円
80,000円超 40,000円 (上限)

年間保険料8万円を目安に得する

生命保険料、個人年金保険料、介護医療保険料は、複雑な特約で何に入ったら良いかわからないことも多いと思います。
自分にあった保険が見つかったら、生命保険料控除に着目して年間の保険料をそれぞれ8万円程度に設定して保険に入るのも良いのではないでしょうか。

たとえば、個人年金を毎月7000円程度に設定すれば、将来の年金を積み立てつつ、今の税金を安く済ませること(4万円の控除)が可能です。

新契約・旧契約をうまく使って得する

新契約(平成24年以降)と旧契約(平成23年以前)では、控除の計算が違うので、新・旧両方の保険を契約している場合、
控除の選択で控除額が変わってくることがあります。
たとえば、旧契約の保険料が8万円、新契約の保険料が2万円のような場合、
新・旧合わせて申請するより旧契約のみを申請した方が控除額は4万5000円になるので、お得になります。

●旧契約の保険料が8万円、新契約の保険料が2万円の場合

旧契約のみ申請 控除額:4万5000円 (8万円×1/4+2万5000円)
新契約・旧契約
合わせて申請

控除額:4万円
旧契約分:4万5000円(8万円×1/4+2万5000円) 新契約分:2万円
※計6万5千円だが、新契約の最大控除の4万円が控除額になる

PAGE TOP