サラリーマンのための得する税金学

高額療養費制度で得する

高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます。
自己負担額は、年収や年齢によって異なります。

70歳未満の自己負担額の区分

所得区分 ひと月あたりの
自己負担限度額(円)
多数該当

年収約1,160万円~
健保:標報83万円以上
国保:年間所得901万円超

 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
 140,100円

年収約770~約1,160万円
健保:標報53万~79万円
国保:所年間所得600万~901万円

 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%  93,000円

年収約370~約770万円
健保:標報28万~50万円
国保:年間所得210万~600万円

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%  44,400円

~年収約370万円
健保:標報26万円以下
国保:年間所得210万円以下

 57,600円  44,400円
住民税非課税者 35,400円  24,600円

高額療養費の自己負担額は世帯で合算できる

高額療養費の自己負担額は、一人が複数の病院で受診した場合や、家族の複数が同じ月に病院で受診した場合に合算できます。
70歳未満は、21,000円以上、70歳以上の方は自己負担額をすべて合算することができます。

高額療養費は、どれくらいで払い戻される?

高額療養費制度は、基本的に自己負担限度額を超えた部分が払い戻される制度です。
診療報酬明細書(レセプト)の審査を経ての払い戻しなので、3か月以上かかります。

医療費の貸付もしてくれます

高額療養費制度は、払い戻し制度のため高額な医療費を最初に自費で支払う必要があります。
また、払い戻しには時間がかかるため家計を大きく圧迫することになります。
高額医療費貸付金制度という医療費支払見込み額の8割程度までを無利子で貸し付けしてくれる制度もあります。

高額療養費の対象外もある

入院時の食事代や、ベッド代やインプラント費用などの保険外負担分は高額療養費制度の対象外になります。
PAGE TOP